カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

トップ カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング・心理療法・行動療法
気功・整体・ヒーリング
風水
占い・運気開運・相性
コンサルタント カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
企業研修セミナー
企業顧問・プライベート顧問
気の科学体験講座 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
講座の説明
過去の講座
法則講座
ヒーリング講座
お役立ち!話のおもちゃ箱 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
アラカルト
コンセプト
ヒーリング
身近な仏教用語
気の科学研究所 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
研究所案内
相談内容一覧
グッズ案内
お問い合わせ

カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
お知らせ
FACEBOOK
アクセス
気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、多角度からの分析を講じて
プロファイルし、総合的、効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や、心身の悩みのある方は、どうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

大変な社会情勢、先行きの不安な世の中に無事適応し、進化して行きましょう。
---------------------------------------------------------------------------
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。 自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を精密にプロファイルすれば、
上手な係わり方が分かります。 数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。 貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

生きていることは、何か苦を伴うものですが、心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。 痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。
---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
RSS
under カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

9月度「気の科学体験講座」ご案内
日時:2016年 9月10日(土)第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
講座:2016年「9月度 「気の科学」体験講座
---------------------------------------------------------------------------------------------
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

■今月のお話 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
今月のお話 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

朝一番の涼気が増して行く候ですが、夏バテ過ぎての秋バテに注意しましょう。猛暑の間に気のエネルギーと潤いの陰気を消耗すると、秋バテの症状が現れてきます。

秋バテの症状は、疲れやすく体がだるく感じ、食欲が減じて、やる気が出なかったりします。
朝すっきり起きられなく、口や咽喉が渇いて冷たいものがやたら欲しくなったり、だらだらと汗をかく人も居ます。眠りが浅くなり、すっきりせず、風邪をひきやすくなるのも、秋バテによる体力の低下に伴うものです。

暑いからといって、冷たいものの摂り過ぎると、胃腸が弱り、疲労や倦怠が残りやすくなります。陰陽論では気虚の状態で、気のエネルギーが不足しているのです。

ビタミンB1を含むたんぱく質と、それを吸収するアリシンをよく摂りましょう。精神疲労を含めるとビタミン3(ナイアシン)をよく摂ることも大事となります。

ビタミンB1は、豚肉、レバー、うなぎ、いわし、納豆、胡麻、豆腐などに多く含まれています。ナイアシンは、ニンニク、玉ねぎ、ネギ、ニラ、ラッキョウなどに多く含まれます。ナイアシンを多く含む食材には、レバー、魚類、エリンギタケ、シメジ、落花生などがあります。

疲労は体内に溜まった乳酸が原因ですので、それを分解するためにクエン酸を摂ることが効果的です。レモン、酢、梅干しもよく摂ることが効果的ですね。

夏の熱気が残る初秋は、まだ体の中に暑い熱邪が残っています。
夏に水分の代謝が悪くなってると、除去に手間取る湿邪も残っています。

身体が火照ったりする兆候が熱邪の名残ですが、湿邪を伴うと体の中が炎症しやすくなります。ニキビ、アトピー、湿疹、ジンマシンなどが皮膚に表れ、かゆみを伴ったり、膀胱炎、尿道炎、腎炎などの炎症がしやすくなります。

体に溜まった湿熱を取り除くべく、水の循環を良くして、夏に溜まった毒素を排泄しましょう。
水の循環が悪くなった湿邪ではむくみが生じますが、特に体内のナトリウムが溜まっているので、塩分の多い味の濃い食事はよろしくありません。飲酒にはチェイサーに水を飲む、就寝前には忘れずに常温の水を飲みましょう。

ナトリウムを排出するには、カリウムをよく摂ることです。
カリウムを多く含むのは、とろろ昆布、ワカメ、ヒジキなどの海藻や、納豆や豆味噌などの発酵食品、野菜類ではパセリ、紫蘇、ホウレン草、アボカド、モロヘイヤ、山芋などがありますよ。

秋になると乾燥の気候となり、燥邪に熱邪が残って燥熱(そうねつ)の季節となります。 その影響で咽喉、気管支、肺の粘膜に潤いを与える津液がなくなり、 咽の乾燥、口の渇き、カラ咳などが表れます

鼻・のど・気管支・肺などの呼吸器や、皮膚粘膜に潤いを与えて、呼吸器と皮膚粘膜を守る食材には、長芋、自然薯(山芋)、レンコン、キュウリ、ニンニク、ユリ根、梨、みかんなど柑橘類、ビワなどがお勧めです。

熱邪にめげず、湿邪にもめげず、燥邪、秋の哀しみにもめげず、一日の充実を味わい、ヨッパとなっても苦にもされず、風の音、虫の声にも心和ませ、さういふ者に私はなりたい。(笑)

今月のお話 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
新着情報 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
・2016/06/13★【コンセプト】41:現代風水、寝室の下に配管の凶、ジオパシックストレス
・2016/01/13【アラカルト】128:2016年の傾向、黄帝内経の気象医学
・2015/03/07【アラカルト】127:花粉症、アレルギー性鼻炎に3つのお茶の勧め
・2015/03/03【ヒーリング】42:三大交会穴療法について
・2015/02/17【アラカルト】126:冬だけでなく、腹巻のお勧め
under カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

リード・アゲイン カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
under カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

気功・瞑想の講座、カウンセリング・ヒーリング、風水コンサルタントなど、予約受付中! カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

サイトマップ カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

Produced by RM
ホームページ作成

                 COPYRIGHT(C)2008 気の科学研究所 ALL RIGHTS RESERVED.